夫婦関係

【夫婦仲修復】幸せを掴む人だけが知っている占いとの付き合い方とは?

夫婦関係のもつれは、なかなか両親や友人には相談しにくいこと。そんな中で夫婦関係がうまくいかずに一人で悩んでいる人もいると思います。

相手の気持ちが離れてしまったと感じている。

でも、どう行動していいかわからない。

もし、行動をおこして、余計に夫婦仲をこじらせてしまったら、、、

そう悩む気持ちはよくわかります。確かに、行動を起こすにも勇気が必要ですし、もしうまくいかなかったら、と思うと怖くなるのも理解できます。

でも、このまま行動を起こさずに我慢したままの人生なんてつまらないですよね。

何もせずに、悶々と悩み続けるか、それとも思いきって行動を起こして改善への糸口を見つけるかはあなた次第。

とはいえ、行動するにも誰かの後押しが必要な時もあります。でも、夫婦の問題は身近な人には相談しにくいのも事実。

そこで、夫婦関係の修復の後押しに占いがおすすめ。占いなら、個人のプライバシーは守られますし、あなたのことを直接知らない人に見てもらうので、気兼ねせずに悩みを相談できます。

ただ、当たる、当たらないというだけのものとしてではなく、幸せを掴む人がどのように占いを活用しているのか、徹底解説します!

うまく行く人と占いの関係とは?

占いは老若男女問わず、エンターテイメントとしても人気があります。

実は私も占いにハマっていた時期があり、朝早くから車で1時間かけて、よく当たると言われる先生の所に並んだこともあります。(笑)

当時の私は神頼み的な要素で占いに頼っていたところがありますが、それはあまりよろしくない占いとの付き合い方。

 

うまくいく人は占いを行動のきっかけにしている

実は、世界を代表する成功者の数々も占いを活用していることをご存知ですか?

ウォルト・ディズニー、P・Jモルガン、レーガン大統領、松下幸之助、ナポレオン、徳川家康などなど。

このように、うまくいく人が占いを活用するのは、占いを行動のきっかけにしているからです。

名だたる経営者や大企業の会社員など、うまくいく人が占いをする時は、良いことだけではなく、必ず悪いことも聞かれるそうです。

良いことを信じるだけでなく、悪いことに対する改善策を知ることで、マイナスを潰していくと自然と良い方向に向かうという考え方。

うまくいく人は、ただがむしゃらに頑張るのではなく、良い面と悪い面を知ってバランスを取るために、占いを活用しているのです。

 

あなたは4つの窓を知っていますか?

  • 一つ目は、自分だけが知っている自分
  • 二つ目は、他人だけが知っている自分
  • 三つ目は、自分も他人も知っている自分
  • 四つ目は、自分も他人も知らない自分

このように、人には4つの心の窓があります。

4つ目の自分も他人も知らない自分可能性と言われています。自分も他人も知らない自分を知るためには、第三者の声が必要。

今、この自分と思っている自分は、本当の自分ではありません。これまでの経験や接してきた人の影響を受けて作られたもの。

本当の自分は、四つ目の窓にこそ隠されています。四つ目の窓、つまりあなたの可能性を切り開くのにも、占いは有効なのです。

 

占いを活用するのは、あなたが自分の手で幸せを掴むために行動を起こすきっかけとしての手段。

そうやってうまくいく人は皆、自らの行動によって運命を変えてきたのです。

▶︎占いを活用して夫婦関係修復のきっかけを掴む

 

経営者と夫婦関係に共通するもの

よく経営者は孤独と言われますが、名だたる経営者が占いを活用するのには、もう一つのワケがあります。

それは、経営者は人に言えない機密事項や、決断を迫られることが多く、安易に誰かに相談することができません。

そのため、占いを活用する人が多いのです。

誰かに話をすることで、思考が整理され、答えを自ら導き出せたり、第三者の意見を元に、客観的に物事を判断できるから。

 

孤独という意味では、夫婦関係も同じと言えます。

夫婦の仲というのは、人に安易に相談することができません。夫婦の仲は夫婦にしかわからないもの。

だから、自分で決断することが重要なのですが、夫婦問題は相手とコミュニケーションが取れなくなってしまったり、思い込みなどの感情のもつれが原因となることが多いのです。

そのため、冷静に話をしないとうまくいきません。

占いをオススメするのは、第三者の意見を聞いて、客観的に物事を判断することがとても重要だからです。

▶︎夫婦の未来を占う

 

幸せを掴む人だけが知っている占いとの付き合い方

当たる、当たらないだけの判断で占いをするのは、自分の人生を他人に委ねるのと同じこと。占いと上手に付き合っている人は皆、良いことを言われても、悪いことを言われても受け入れています。

良いことだけを信じたいのなら、占いを活用しない方が良いでしょう。

良いことの裏には必ず良くないことも隠れています。プラスとマイナスが合わさることで、電気がつくように、プラスとマイナスがなければエネルギーは生まれないのです。

だから、両方あって当然。良いことだけを信じるのではなく、良くないことにも意味がある。だから、両方を受け入れる姿勢が必要。

幸せを掴む人は、冒頭でもお話ししたように、アドバイスとして良くないことへの改善策を聞くことができるのです。

そういう意味では、ネガティブなことに対する対処法や改善策を教えてくれる占い師さんを選ぶことも重要ですね。

 

占いに自分の人生を委ねるのではなく、占いによって、未知の自分を発見したり、行動を起こすきっかけを作る。

そういう視点で占いを活用できる人は、幸せを掴んでいます。

占いを当たる、当たらないだけで判断をする人は、他人に自分の人生を委ねる傾向が強いので、そもそも何をやってもうまくいくはずがありません。

自分の人生を変えるのは、自分しかいないのです。

そのための行動の指標として、占いを活用することをおすすめします。

▶︎占いで人生を変えるきっかけを掴む

 

まとめ

占いは、当たる、当たらないだけのエンターテイメントの枠を超えて、行動を起こすための指標とするために活用するのがベスト。

なぜなら、いわゆる成功者と呼ばれる人が占いを活用している人が多いのは、良いことよりも、良くないことに対する対処法や改善策を知って、自らが最善のタイミングで行動を起こすためのきっかけにしているから。

占いは上手に活用すれば、人生を好転させるきっかけとなるものです。

占いに依存するのではなく、客観的な視点を保ち冷静な判断をするためのツールとして活用することがおすすめです。

▶︎占いで人生を変えるきっかけを掴む

 

 

今回の記事が参考になったらポチッと応援よろしくお願いします!


夫婦再構築ランキング

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください