産後離婚

産後の旦那が浮気する心理とは?浮気の確率を下げるため妻ができること

出産するとどうしても妻は子供中心の生活になります。そのため、夫は今まで自分のことを見てくれていた妻を子供に取られたと思う人も少なくありません。

そう、子供にヤキモチを焼くのです。結論からお伝えすると、出産後、他の女性に目を向ける男性は、実はこっちを見て欲しいと妻の気をひいているのです。

女性からすると、少々めんどくさい感情ではありますが・・・(苦笑)

妻はお腹に赤ちゃんを宿してから10ヶ月、母になるための準備期間を経ているため、子供を育てていくための心構えがしっかりとできています。

反対に、夫は、生まれて初めて抱く我が子に、どう接していいかわからない。心の準備ができていないのです。つまり、妻と夫に親としての自覚が芽生えるのに時間差があるということ。

そのため、男性は子供にかかりっきりになる妻に寂しさを感じるのです。

それでは、浮気に走る男性の心理と、浮気を防ぐための対策を一緒に考えてみましょう。

 

産後の旦那はなぜ浮気に走る?その心理とは

出産後、旦那が浮気に走るのは妻にかまってほしいから

妊娠中や、出産後に夫が浮気に走ることは少なくありません。俺は男だ!俺についてこい!という感じのいかにも男らしさを武器にしている男性ほど、繊細な一面も持ち合わせているからです。

出産で妻は赤ちゃんのお世話に追われます。初めての出産ともなると、慣れない育児で時間もかかるし、精神的な不安もつきまといます。

核家族なら夫だけが頼りなのですが、育児について知識が少ない男性は、今まで普通にできていたことが、育児によってできなくなる理由がわかりません。

だからこそ、妻が急に自分を見てくれなくなったことに不満を持つのです。しかも、出産後の女性は、多くの人が生欲が減退します。

夫が求めてくることに対し、本能的に答えられない女性は多いのです。なぜなら、女性の生欲減退も、子供を守るための本能だから。しかも、当の妻も、生欲減退が出産による女性の本能であることを知らずに、なぜSEXしたくないのかわからないことが多いのです。

男性も女性も出産後の体の変化について、勉強不足なため、夫は求めても応えてくれない妻に悩み、妻も夫に応えられないことで悩むのです。

そうしたすれ違いが起こると、男性の本能を満たすため、他の女性に目が向くのです。

 

産後の女性は忙しい!?

産後の女性は、家事、育児の両立に時間を取られます。特に初めての出産の場合、子育ては初めての経験で、オムツを替えたり、授乳をしたり、何をやるにも時間がかかります。

正直、夫のことは二の次になるのも事実。大人なんだから、自分のことは自分でやって、、、となるのも仕方ありません。

生まれたての赤ちゃんは、昼、夜関係なく、お腹がすけば泣いて、オムツが濡れたら泣いて、リズムよく生活できるようになるには、2〜3年かかるのです。

だから、赤ちゃんに手がかかるのは当然といえば当然。産後の女性は寝る間もなく忙しいのです。

産後の男性は寂しい!?

妻がそんな赤ちゃんにかかりきりになるのは当たり前なのですが、、、それに寂しさを感じる男性も少なくありません。

赤ちゃんが生まれるまでは、2人きりの生活で夫のことをしっかり見てくれた妻。でも赤ちゃんが生まれると、今まで通りというわけにはいきません。

もちろん、夫のことをないがしろにしているわけではありませんよ。産後の女性は本能的にも子供を育てるモードに入ります。女性の体はそういう風にできているのです。例えば、夜中の授乳にも対応できるように、眠りが浅くなったりすることは、産後の女性特有の症状です。

そのことを知らない夫は、子供が生まれた途端、急に自分のことをほったらかしにされたように感じます。

男性だって、我が子は可愛いし、最初から不満を持つわけではありません。仕事から帰って、ゆっくりくつろぎたいと思っても、育児に忙しい妻は部屋の片付けにまで手が回らず、散らかっていたり、ご飯の準備が時間通りにできないことだってあるでしょう。

そんな時、男性は「1日家にいるんだから、ちゃんとやれよ。こっちだって仕事してるんだから。」なんて思うのです。日常の小さな不満の積み重ねが、積もり積もって、大きな不満へと膨らみます。

そして思うのです。「ああ、子供を産むまではこんなんじゃなかったのにな、、、」

 

旦那の浮気を防ぐために妻が取るべき行動

出産後の女性の体や心の変化について理解してもらう

子供が生まれる前から、夫を積極的に産院の父親学級に誘ったり、検診に付き合ってもらいましょう。

そうすることで、出産後の女性の体の変化について、理解してもらいやすくなります。また、本や雑誌などを一緒に読んで、夫婦で話し合うのも一つ。

初めての出産ならなおさらです。夫婦で一緒に知識をつけることで、出産に向かって協力し合うことができます。

とはいえ、どれだけ知識を入れても、実際の子育ては参考書通りにはいきません。わかっていてもうまくいかないこともあるでしょう。そんな時は、その都度、夫婦でしっかりとお互いの気持ちを話し合うことが大事。

「私は(僕は)〇〇したかったよ。」「〇〇したいよ。」自分はどうしたいか、相手にどうして欲しいのか、本音で接することで気持ちのすれ違いを防ぎましょう。

子供より夫、夫の優先順位をあげる

昼間、赤ちゃんと二人きりの時は、しっかり子供と向き合えます。でも、夫が帰ってきたら、少しの時間でいいので、夫のことを優先してあげましょう。

例えば、目を見て話を聞く、赤ちゃんの成長を共有する、仕事で大変だったことはないか労いの言葉をかける、、、そんなことでいいんです。

少しだけ、赤ちゃんをお世話する手をとめて、夫を見てあげましょう。男性だって、外で仕事をして、上司に怒られることもあるでしょう。そんな時は、優しく「頑張ってるね」と認めて欲しいんです。

男性は、自分の気持ちを自己完結できる人が多いのも事実ですが、やはり、妻からの信頼や労いは夫の心を癒すことができます。

広い心を持つ

もしも、浮気が発覚してしまっても、責めたり、詰め寄ったりしてはいけません。だって、あなたは妻なんですから、いずれ帰ってくると、広い心を持って待ちましょう。

とはいえ、本当に浮気が発覚したらショックなのは確かです。でも、この先も夫婦仲良くやっていきたいと思っているのなら、しばらくは、子供にかかりっきりになれると割り切って、待つことが得策。

浮気を責めたところで、男性は罪悪感など持ちません。結婚をしている限り、浮気は浮気と割り切りましょう。いっときの寂しさを紛らわすだけのものなら、あなたから離れることはありません。一番怖いのは、本気になった時です。

これは、自分の経験からわかります。(苦笑) 浮気のうちはまだ取り返しがつきます。浮気相手に本気になった時、男性は離婚を考えます。

だから、本気にならないように、相手を刺激しないこと。詰め寄ったり、攻撃的な態度で接することは逆効果。賢い妻は夫を泳がせて、わかっていても知らないフリをするのです。夫もちょっとした出来心なら、めんどくさいことは避けたいはず。

妻の気をひくための浮気なら、夫も寂しかったんだと笑って許してあげましょう。

長い結婚生活いろんなことがあります。今は辛くても、過ぎてみれば笑えることも多い。夫の浮気が発覚したら、あなたも我慢せず、自分のやりたいことをやる!ぐらいのおおらかな気持ちを持ちましょう。

まとめ

出産後、女性の体や生活環境は変わります。出産後、女性が子供にかかりっきりになるのは、女性の子供を守るという本能でもあります。

そのことを理解していないと、男性は子供ばかりで自分を見てくれないと不満になります。日常の小さな不満がいくつも積み重なって、ある時大きく膨らみます。

妻の愛情が自分に向いていないと感じた夫は、別のところに愛情を求めようとします。それが浮気です。

夫の浮気を防ぐには、日頃から夫婦のコミュニケーションやスキンシップをしっかり摂ること、産後の女性の体や本能について夫婦で知識を蓄えることが大事。

それでも、浮気が発覚した時は、相手を責めたりせず、おおらかな心で待ちましょう。

 

今日も最後までお付き合いいただきありがとうございます。

 

今回の記事が参考になったらポチッと応援よろしくお願いします!


夫婦再構築ランキング

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください