妊娠 出産

産後の体はボロボロ?ママのダメージを回復させるために必要なこととは

女性は命がけで子供を産みます 。そのため産後の体はボロボロです。

例えるなら、産後の体は交通事故の衝撃を受けたのと同じ。

一説には全治8ヶ月に値するとも言われています。

 

普通分娩で赤ちゃんを産んだママは、見た目の傷がないため一見元気そうに見えますが、実はダメージを受けています 。

 

産後一か月は、ゆっくりとその身体をを休めることが必要。

 

今日は産後の体の変化と、産後のダメージを回復させるポイントをお伝えします。

 

産後の体とママの状態

産褥期(出産当日〜3週間)

産後の体は出産の興奮とホルモンの変化によって、産後ハイの状態です。 交感神経が高ぶることによりテンションが高い状態が起こります。 そうなると、体はボロボロなのに、眠れないなどの症状が現われます。

逆に交感神経が高ぶるとうつになりやすいと言われています。

 

この時期は、赤ちゃんのお世話に徹して、ゆっくりと身体を休めることが重要。スマホやネットなど目や脳に負担のかかることは避けましょう。

体型の変化もきになるところですが、産後3週間くらいは体型戻しの運動などは禁物。この時期は出産で疲れた身体を休めることを一番に考えて。

 

産後1ヶ月〜3ヶ月

少しづつ赤ちゃんのお世話にも慣れてくる時期。出産で酷使した身体の痛みなども徐々にラクになってきますが、授乳の感覚が短く睡眠不足になりやすい時期でもあります。

産後ハイの状態もまだ残っているので無理をしがちですが、気づかないところで身体に負担がかかっていることも。出産後の身体の痛みはやわらぎますが、頭痛や肩こり、腱鞘炎などの症状が出てくる人もいます。

 

この頃から軽い産後のエクササイズなどは開始できます。授乳中なので、産後ダイエットするにも無理な食事制限は禁物。バランスの取れた食事を心がけて。

でも、まだまだ精神的には不安定な状態です。子育てに関しては、一人で頑張らず、パパや周囲の人にサポートをお願いしていきましょう。

 

産後4ヶ月〜1年

そろそろ赤ちゃんとの生活リズムも整ってきて落ち着く頃です。外出などもしやすくなるので、ママ友との交流も増えます。と同時に、我が子の成長が気になったり、ママ友が余裕があるように見えて、いろんな意味で自分と他の人と比較してしまう時期でもあります。

また、赤ちゃんの成長や子育ては楽しい反面、なんとなく社会から取り残されていくように感じたり、「〇〇ちゃんのママ」と呼ばれることで、自分自身の存在意義を見失うことも。

イライラや焦燥感などに悩まされる人もいます。それが原因で産後クライシスになることも。夫婦のコミュニケーションもこれまで以上に意識することが大切。

あわせて読みたい
産後クライシスの意味とは?産後ママのツライ症状とイライラ解決法を徹底解説! あなたは産後クライシスという言葉を知っていますか? 私がこの言葉を知ったのは最近のことです。 産後にちょっとしたこと...

 

産後のママは余裕そうに見えてもみんな大変。赤ちゃんの成長も個人差があるので特に気にする必要もありません。

そして、子育ては立派な仕事です。お給料こそ出ませんが、一人の人格形成に関わっていく大変な仕事。自信を持って子育てをしましょう。

疲れたら、一人の時間も大切にして。メリハリをつけることが心のバランスを保つことにもつながります。ママの心のバランスを保つためにも、パパや周囲の協力が必要不可欠。夫婦が会話する時間も持ちましょう。

 

産後の体の主なダメージ

後陣痛

産後、子宮が収縮することによって後陣痛が起こります。これは体が元の状態に戻そうとするためで、子宮が収縮するたびに痛みが起こります。

 

会陰切開の痛み

赤ちゃんが生まれる時、頭から出てきますが、通りやすくするために 会陰を切開します。会陰を切開することで傷口の治りが早く、綺麗だからです。

ですが、その傷口が、産後ズキズキ痛みます。そのままでは痛くて座れないため、ドーナツクッションが欠かせません。

関節の痛み

ホルモンバランスの変化と、授乳によるカルシウム不足により、膝や腰などの関節が痛みます。赤ちゃんがお腹にいる時から、ママの栄養という栄養が吸い取られ 、骨ももろくなり、抜け毛なども増えやすくなります。

 

痔や便秘になりやすい

妊娠後期の体はかなりの圧力がかかることで痔になりやすいと言われています。実際私も一人目の時は大丈夫でしたが、二人目の時は年齢も重ねていたため、痔が出て困りました。

また、会陰切開後、傷口が気になりトイレに行きたいのをを我慢したり、力を入れることや、水分を取ることを我慢するので、便秘になりやすいのです。

 

乳腺炎

母乳が詰まると乳腺炎を起こします。ひどい時は熱が出ることも。助産師さんのおっぱいマッサージで、おっぱいの通りを良くします。

これが痛いのなんのって、、、

私の場合、おっぱいがよく出たことと、娘と息子を比べると、女の子の方が食が細いので、おっぱいが余るため、よく詰まりました。

 

産後の体のダメージを回復するには

栄養をとること

赤ちゃんのおっぱいのためにも高タンパク低脂肪の食事が良いと言われています。バランスの良い食事を心がけ、乳腺炎防止のためにも甘いものやコーヒーの摂取は控えましょう。

 

体を休めること

体の回復のためにも、産後一か月は安静にして過ごすことが重要 。安静のポイントは仰向けに寝ること。立っている時間が長いと産後の広がった骨盤に内臓が下がりやすく、ぽっこりお腹や、尿もれ、痔の原因に。

 

まとめ

見た目にはわかりませんが、産後の体は悲鳴をあげています。産後の体を酷使して疲れているにもかかわらず、興奮状態にあり産後ハイに。

交感神経が高ぶることで夜眠れない状態になります。 イライラが募り産後クライシスの原因にも。逆に副交感神経が高ぶると、産後うつになりやすい。

そうならないためにも、産後一ヶ月は体を休めることが重要。産後に身体を休めることには意味があるのです。

これからの育児を元気に乗り切るために、産後はしっかり身体を休めましょう。

 

新婚当初のラブラブな夫婦仲を取り戻すには?

  • 出産後、夫婦関係がうまくいかなくなってしまった
  • 以前とは人が変わってしまったと言われる
  • 夫と仲良くしたいけどきっかけが掴めない

産後の夫婦関係にお悩みのあなた。言葉を変えたり、行動を変えたりして、一時的には状態がよくなったとしても、根本的な解決にはなりません。

なぜなら、本当の問題は見えない所に隠れているから。まだ知らない自分自身を知ることで相手との関係性は変わります。

自分自身を知って夫婦関係を再構築するには、以下の記事が参考になります。

→産後の夫婦仲悪化の実態!これを知れば新婚当初よりラブラブになれる新事実とは!?

私も、自分の内面と向き合い本当の自分を知っていった結果、人間関係で悩むことがなくなりました。

あなたもこの事実を知って、本来の自分を取り戻しませんか?

 

今日も最後までおつきあいいただきありがとうございます。

 

今回の記事が参考になったらポチッと応援よろしくお願いします!


夫婦再構築ランキング

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください