夫婦関係

産後のセックスレス 解消!離婚を回避するための男女の価値観のズレ徹底解説

産後、セックスレスで悩んでいる夫婦は多いです。実は、私もそうでした。

産後、セックスしなくなり、気づけば触れてはいけないような話題になってしまい、何年も家庭内別居を続けていました。

今思えば、あの時きちんと夫婦で向き合う必要があったと思いますが、その時は若かったこともあり、一人で悶々と悩んでいました。

このブログを読んでくださっているあなたには、そんな思いから早く脱出していただけるように、私の経験を交えて、セックスレスを解消するための男女の価値観のズレについて、お伝えします。

クライシスうさ
クライシスうさ
男女の違い、知らなかった、、、

イケダン
イケダン
最初から知ってたらうまくいくよね〜

 

産後、セックスレス になる理由

生活環境の変化によるストレス

女性にとって、妊娠、出産は人生で最も大きな転機。人を一人産み出すのですから、それ相応のリスクが伴います。

そのリスクの一つが、生活環境の変化。今まで一人でできたことが、子供が産まれることによって、規制されたり、先延ばしになったりします。

もちろん、女性にとって子供を産めるのは喜ばしいこと。でも、あまりの大きな環境の変化にストレスも伴うのです。

赤ちゃんが生まれたら、昼夜関係なく授乳の時間があります。大人のように朝昼晩の3回ではなく、生まれたての赤ちゃんは、飲む量も少なく、おっぱいを吸うのも上手ではありません。だから、お腹が空いたら授乳の繰り返し。

それは、夜中も続きます。だから、ママは常に睡眠不足。性欲よりも、睡眠したい欲求の方が大きいのです。

 

産後の女性のホルモンバランスの乱れ

産後の産後の女性はホルモンのバランスが乱れます。これはよく聞く話。でも、そのホルモンの乱れによって攻撃性が増すと言われているのは知らない人が多いでしょう。

実は、おっぱいを分泌するためのホルモンによって、子供を守るために母親の攻撃性が2倍に増すという海外の研究結果があります。

だから、産後の女性は本能的にも性欲が落ちやすい。それが、子供を育てるために備わっている女性の力なのです。

だから、夫の欲求と噛み合わなくて当然。もちろん、個人差はありますが、多くの女性は産後、性欲が落ちるのです。

 

また、子供を守る本能が働くということは、子供を誰かに抱かせたくない気持ちになることがあります。

私は、これがありました。義母や義父に抱かれたくないという気持ち。子供をとられると思う本能でしょうか、、、できるだけ夫以外の人には子供を預けたくないという感覚でした。

その結果、誰にも言えずに、一人で抱え込むので夫との関係もギクシャクしはじめました。

 

出産に対するイメージ

妻の妊娠中、お腹が大きくなるにつれて、女性から母親になる瞬間を目の当たりにして、性の対象として見られなくなった、という人もいます。

また、出産を神聖なものと感じてしまった男性が、産後、妻とセックスできなくなったり、授乳中のセックスはおっぱいが出てくるので嫌という人も。

 

立会い出産による気持ちの変化

立ち会い出産は、女性としては夫についていてほしいと思うものですが、男性は、立ち会い出産をしたことによって、女性として見られなくなったり、出産が壮絶でショックを受ける人もいます。

立ち会い出産によって、感動する人も多いですが、その反面、立ち会い出産しなければよかったと思う人もいるのです。

 

結局は、このようなことがきっかけとなり、夫婦で納得いくまで話し合うことができなくなってしまう。それが、最大の理由なのです。

夫婦のコミュニケーションがうまく取れるようになるには、以下の記事がおすすめです。

https://sango-syuufuku.com/regain-the-love

 

▶︎幸せを掴む人だけが知っている夫婦の未知なる可能性に気づく方法とは・・・

男女でこんなにも違うセックスに対する価値観

男性は疲れている時こそ、、、

男性と女性では性の価値観が違います。それは、男性は子孫を増やすため、女性は子孫を守るための役割があり、備わっている働きがそもそも違うのです。

男性は危機を感じた時にこそ、子孫を残したいと思うもの。だから、疲れている時や、緊張や飢餓を感じている時の方がセックスしたくなります。

女性は体も心も整えて

一方、女性はどうでしょうか?男性とは逆で、お腹も心も満たされている時の方がセックスしたくなります。

授乳中の女性が、性欲よりも睡眠欲が勝ってしまうのも頷けますね。女性がムードを大事にするのも、心が満たされているという条件に当てはまります。

 

このように、男女ではセックスに対する価値観が違うので、自分と同じように考えてはうまくいかないのです。

 

夫婦がお互いに価値観の違いを受け入れる

では、どうすればいいのでしょうか?

まず、夫婦でよく話あうこと。どうしたいのか、どうしてほしいのか、その上で男女の違いを認識することが重要。

夫に対しては、忙しい時や大事な仕事に関わっている時こそ、労いの言葉をかけてあげる。セックスを誘われたら、できるときは対応する。もし、どうしてもできないのなら、断り方を考えること。

妻に対しては、無理やり誘うのではなく、お腹いっぱいご飯を食べさせてあげて、しっかり寝させてあげる。体調を整えて、雰囲気を作ってあげたら、大抵はうまくいきます。

これは科学的にも根拠があります。

 

結局は、夫婦なのですから、お互いがコミュニケーションをとって向き合うことが大事。

産後のセックスレスを解消するには、以下の記事がおすすめです。

https://sango-syuufuku.com/regain-the-love

 

▶︎幸せを掴む人だけが知っている夫婦の未知なる可能性に気づく方法とは・・・

 

まとめ

産後の女性の変化や、出産によるイメージの変化が、産後、セックスレスのきっかけに。セックスレス最大の理由は、夫婦間のコミュニケーション不足。

セックスレス を解消するには、男女の価値観の違いを知ることが重要。その上で、夫婦がお互いに納得いくまで話し合うこと。

男性は、疲れている時の方がセックスしたくなり、女性は、体も心も満たされている時の方がセックスしたくなります。

男女の違いを知って、お互いを受け入れることがセックスレス解消への近道です。

 

 

今日も最後までおつきあいいただきありがとうございます。

 

今回の記事が参考になったらポチッと応援よろしくお願いします!


夫婦再構築ランキング

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください